2014/9/21

インディアンジュエリー

インディアンジュエリー インディアンジュエリーの代名詞ともいえるナバホのトップジュエラー。Gary Reeves/ゲーリーリーブス。 数々の受賞、優勝歴があり、スタンプワークが美しいアーティスト。 しかし今年七月。亡くなった。 彼のバングル。 彼のネックレストップ。 当店にも残りわずかとなってしまった。 こちらは“ナジャ” ナジャとは、 スクァッシュプロッサムネックレスといわれる、 ネックレスの下にぶら下がる蹄鉄型のデザインをした部分のこと。 ナジャは古代ムーア人の魔よけの象徴(シンボル)で新大陸についたスペイン人はそれを馬具の飾りとして作っていた。 ところがナバホ族はこのヨーロッパ風の蹄鉄のデザインのものを、彼ら独自のものを生み出した。 女性の子宮を形どっており [子孫繁栄]の意味もあるが、 基本的にネイティブアメリカンにとって ”母なる大地”とのつながりを表す重要な意味を持つモチーフである。